地区ブログ

広島五日市ライオンズクラブ 佐伯区民まつりに参加 献眼登録受付&盲導犬普及促進アクティビティ

晴れ今年も晴天に恵まれ、佐伯区民まつりに参加致しました。松井市長にも献眼登録にご協力頂きました。動物盲導犬普及促進アクティビティにも多くの方々に、関心を寄せて頂き多額の募金となりました。皆様のご協力により、有意義なアクティビティとなりました事、感謝申し上げます。

4R2Z 広島佐東ライオンズクラブ 第2回献血奉仕活動 (梅林学区)  

日時 2018年11月11日(日) 10:00-16:00

場所 フジグラン緑井 

梅林学区献血推進協力会 と 佐東ライオンズ 主催で 献血奉仕活動を行いました。

梅林学区の方と共に プラカードを持ちフジの周りを歩いたり、チラシやティッシュを配り声かけしていきました。

実績 奉仕者 102名 うち 400ml奉仕者 76名 

バス1台で100名を超え、フル回転でした。

男性17歳から 女性18歳から 

降圧剤など 服薬していても献血できるものもあるなどなど

まだまだ ご存じない方がたくさんおられます。

献血のことを皆に知ってもらいたいといつも思います。

梅林学区の地域の方 日赤の方 ありがとうございました。

 

【広島フェニックスLC】 なぎさ公園小学校・薬物乱用防止教室(藤井)

広島市佐伯区海老山南のなぎさ公園小学校で11月5日(金)に、薬物乱用防止教室を行いました。
生徒さん、全員元気一杯で教室の最後の質疑応答も活発に質問が飛び交い、講師がタジタジになるような、一幕もありで、有意義な教室になりました。
・学年/6年生全員
・参加人数/73名
・講師名/藤井嘉彦
・当クラブ参加者/L川上・L竹友・L迫谷・L片山・L高山・L谷口・L福知・L清水秀

 

晴れ JAチャリティバザー【世羅甲山ライオンズクラブ】

JAフェスティバルでチャリティバザーを実施しました。

焼きそば・焼き鳥・炊込みご飯の3種類を製造・販売しました。

天気にも恵まれ、午前中で売切れる商品もありました。

利益金は「世羅高校陸上部」・「ケニア留学生への支援」として助成しました。

広島フェニックスLC U12広島フェニックスLCカップサッカー大会

錦秋の広島広域公園陸上競技場の第一球技場で、U12広島フェニックスライオンズクラブカップサッカー大会を行いました。
本大会はサンフレッチェ広島の協力を得て、開催しているもので今回で第15回を迎えました。
当日は抜けるような青空のもと、手入れの行き届いた天然芝の上を、子どもたちは嬉々としてサッカーボールを追っかけていました。
子どもたちが心も身体も健全に成長をすることを心から願います。
◎日時:11月10日(土)8:30~12:30
◎場所:広島広域公園陸上競技場 第一球技場
◎参加:15チーム 

 

福山久松LC 芦田川水辺公園清掃作業

2018年も久松LCは芦田川の清掃作業を実施しています。11月に発足するクラブ支部のメンバーのみなさんと一緒になってちゃぷちゃぷランドの清掃作業に汗を流しました。この活動は引き続き来年も継続していきますのでよろしくお願いいたします。花壇を作ってます

神石高原ライオンズクラブ

2018/11/8(木)第一例会において、ライオンズクラブ新入会員の入会式を
油木コミュニティーセンターで行いました。
待望の新会員それも女性会員が入会され、橋本会長より歓迎状が手渡されました。
その後、新入会員の天満宏美さんよりライオンズの活動に積極的に参加し、頑張る思いをこめ
宣誓をされました。 いち早く溶け込んでいただき、女性目線で活躍を期待しています。(橋本会長)

1R1Z 福山シティ-LC(旧福山:沼南・グリ-ン・ニュ-センチュリ-LC)福山市沼隈支所4階展示室にて平和ポスタ-の展示をしました。

 福山市沼隈支所4階特別展示会場に、福山市立・千年小学校47点・熊野小学校17点・能登原小学校10点の平和ポスタ-の展示を

行っています。
 
どの作品も優秀で、最優秀賞、各校の優秀賞者を選ぶのに非常に苦労しました。
  
 是非最寄のクラブの方も、出品された御家族、出品者の皆さんも子供達が世界平和を祈念して描いた作品を見に来て下さい。

平和ポスタ-最優秀賞平和ポスタ-展示風景一部

姉妹縁組から友好親善都市へ (1R3Z福山中央ライオンズクラブ)

我が、福山中央ライオンズクラブは、1977年9月22日浦項ライオンズクラブとの姉妹縁組の調印式を行いました。
長い歴史を紐解いてみますと、我がクラブの10周年の節目の記念事業として当時の会長、幹事、委員長の3名で1977年5月に浦項市に赴き、連日の協議、審議の末、両市の縁組が成立し同年9月の調印式が行われたそうです。
その後2年間お互いの市を交流し、実績を積んだ後、2年後の1979年友好親善都市として大韓民国浦項市と日本福山市は今日に至る迄、多種多層に渡る交流が実現しています。我がクラブとは以後40年の永きに渡り、青少年健全育成の一環事業として、お互いの前途ある子供たちを派遣、受け入れをし国際交流の原点とも言うべき礎を担ってきています。
本年は浦項ライオンズクラブ結成50周年記念式典に訪問団として参加いたしました。
浦項ライオンズクラブは我が中央ライオンズクラブの翌年1968年に大邱ライオンズクラブのスポンサーとして24名のチャーターメンバーで設立、後に浦項ライオンズクラブと浦項ヒョンライオンズクラブ、ヨンイル湾ライオンズクラブ、浦項ハンピッライオンズクラブをエクステンションしています。我がクラブとの友好の中でお互いを刺激し合い、認め合い、高め合いつつの関係は、永続的に続いていくと信じています。
福山市との友好親善の架け橋ともなる我が中央ライオンズクラブの偉大なる諸先輩方の苦労とともに、歴史を引き継ぐべく、我々がしっかりと次世代につなぐことこそが私たちの使命であると確信しています。
浦項市と福山市の共通点は、鉄鋼技術供与の末の経済の基盤であることと、市のシンボルが「バラ」ということの二点であり両市とも市内に多くのバラが植樹されています。
浦項ライオンズクラブも中央ライオンズクラブも、時代の変遷があろうとも、私たちがライオンズクラブスピリットのもとでお互いを尊重しあい、尚一層絆が固く結ばれることを誓います。