広島中央ライオンズクラブ クラブ紹介~「想いを繋ぐ We Serve」~

広島中央ライオンズクラブは1964年に発足し、来年度はCN55周年を迎えます。
本年度は会長スローガンに『想いを繋ぐ We Serve』を掲げ小原浩会長のもと積極的かつ楽しく活動を行っています。

本年はアクティビティーに「こどものみらい古本募金」を加え、眠っている本が貧困の状況にある子ども達の支援に繋がることを学び取組みを始めました。事業の継続性を念頭に、まずはやってみて支援の喜びの思いを繋げようと初回活動を実施し約400冊がみなさんの厚い気持ちとともに集まりました(写真)。

その他、継続として行っているアクティビティーとして
・ライオンズカップ水泳競技大会
1997年に第1回を開催、今年は台風の接近で中止となりましたが22回を迎えました。公式記録とされており小・中学生の選手の登竜門として毎回500名近い参加があります。
・サッカー観戦
通所事業所の方々を招待しスポーツ観戦の楽しさを感じて頂き、また一緒に観戦することで双方の理解と活性化を目的としています(写真)。また、今年度は作業所で作られたクッキーを献血に協力頂いた方々へのお礼としました。
・献血事業(年2回実施)
会員の事前準備(紹介者),当日の呼びかけなどにより成果をあげています。
今年度は台風の接近により中止となりましたが水泳競技大会と同日に、また広島市南区のショッピングセンターの駐車場で実施し81名の協力を頂きました(写真)。

・平和ポスターコンテスト
小学5、6年生を対象にポスターを募集しLC国際平和ポスターコンテストに参加しています。絵画を描くことを通じて平和について考えてもらえればと思います。最優秀賞と優秀賞の表彰式を例会で行っています(写真)。
・薬物乱用防止教室
小学生対象に薬物乱用防止教育認定講師の有資格者の会員がDVDやレクチャーを交え「薬物とは何か」「薬物の恐ろしさ・危険性」を伝えています。

例会では、教養・健康・趣味・音楽などジャンルを選定しながらゲストを招き、わずかな時間でも充実したTTアワーになるよう取り組んでいます。他にゴルフコンペ、ボウリング大会など開催し親睦を深めています。

集まった古本を整理して段ボールに入れる作業中 左上:平和ポスター 右上:献血事業 下:サッカー観戦

タグ クラブ紹介