福山シティライオンズクラブ/クラブ紹介

福山シティライオンズクラブは、2015年7月1日に福山松永ライオンズクラブのスポンサーにより福山沼南ライオンズクラブ、福山グリーンライオンズクラブ、福山ニューセンチュリーライオンズクラブの3クラブ合併で誕生しました。現在の会員総数は、家族会員も含め42名です。
「おかげさまで50年 感謝を重ねて We Serve」のクラブスローガンのもと、今期はCN50周年を迎えることとなりました。伝統は伝統として引き継ぎながら、新生福山シティライオンズクラブとして、時代に合った、新しいクラブの形を創り、次期以降の道標としていきます。CN50周年記念大会を2019年5月11日(土)に開催させていただきます。
例会については、出席するだけではなく参加できるように何らか発言をいただくように工夫しています。また移動例会としてクリスマス家族例会、結成記念例会、花見例会などいつもと違った例会も取り入れ、参加してみようと思える例会を心がけています。
アクティビティについては、小学生6年生を対象に4校への薬物乱用防止教室を開催、平和ポスターコンテストへの参加、献血推進活動、また小学校8校を対象にしたサッカー大会などを実施しています。
私たちのクラブは、木次ライオンズクラブ、台北市青山ライオンズクラブ、大阪ニューセンチュリーライオンズクラブと姉妹提携を行っており、周年行事への参加など相互交流を行い、親交を深めています。この度の西日本豪雨災害に際しては、台北市青山ライオンズクラブより被災された方々への大きな励ましとなればと義援金をお預かりし、福山市へ納付させていただきました。
今年度の事業活動、CN50周年記念大会とこれから盛り沢山ですが、会員みんなで知恵と汗を出し合って積極的に活動してまいります。
(池田 憲男)