2018年10月の記事一覧

第31回尾道ライオンズクラブ旗争奪少年野球大会

青少年育成・ライオンズクエスト委員会 委員長 河本泰行

第31回尾道ライオンズクラブ旗争奪少年野球大会は尾道ライオンズクラブの60周年を記念して規模を拡大し9月16日(日)、17日(月・祝)の2日にわたり実施しました。

大会は尾道市内の小学生の軟式野球チームでのトーナメント開催としましたが、主催者の委員長としての第一に考えたことは参加する小学生の思い出に残るものとすることでした。そのために大会の規模は小さいものとはせず、小学生選手の出場制限(1日に2試合までしか出場できないなど)の範囲で最大限に参加できるようなものとしたいと考えました。そのため人数の多い2チームから2チームを編成してもらい16チームとしました。

また、第二に主催であるライオンズクラブとしての経済的負担ならびに主催者メンバーの時間的な負担を小さいものとしたいと考えました。そのために開会式を遅くすることで時間外料金を節約しました。また、従来1試合につき2名のメンバーが得点付けをしていましたが、今回は少年野球連盟を通じて各チームにお願いしました。

そのため大会期間中の主催者側としての負担は多少軽減できたかと思われます。しかしながら、従来のアクティビティを想像して参加していただいたライオンズメンバーは手伝いに来ていただいたにも関わらず手持無沙汰となったこと等反省点も残りました。今後の少年野球大会を従来の1日開催とするか今年のような2日間開催とするかどうかでも意見は分かれるところであるとあると思いますが、継続的に大会を盛り上げていくために何がベストであるのか自分自身大いに考えさせられました。

大会自体は暑からず寒からずの好天に恵まれ学童たちの好ゲームに心躍らせることができ、楽しく過ごすことが出来ました。我々の主催した大会が学童たちの心に残るものであればこれに勝る喜びはありません。

最後になりますが、今回の大会のために貴重な日曜日、祝日を割いて下さった皆さんに心より感謝申し上げます。

大会の結果は以下のとおりです。

優勝:西藤少年野球クラブ、 準優勝:三成乃木山クラブ、 第三位:向東少年野球クラブ、 敢闘賞:栗原平木山野球クラブ

                                                        

 

福山東LC 第37回障がい者招待ボウリング大会

日時:2018年10月28日(日)  場所:福山パークレーン

例年は新年度早々のアクティビティとなるこの大会ですが、今年度は西日本豪雨の影響により中止となり、順延開催を検討し、この度ようやく開催の運びとなりました。今までとは季節が異なる時期の開催となり、少し戸惑いはありましたが、怪我もなく無事に終了することが出来ました。毎回の反省と気付きを翌年に伝えながら、より喜ばれる行事に育てて行きたいと思います。末筆ながら、公私ともにご多用中にもかかわらず広島より快くご足労下さりご協力を頂いている亀井勝江日本女子プロボウラーをはじめ枝広直幹福山市長にはご臨席を賜り、誠にありがとうございました。そして、毎回会場としてお世話になっております福山パークレーンの関係各位に心より感謝申し上げます。

 

尾道LCCN60周年記念事業

8月27日に尾道市役所市長室にて、CN60周年記念事業として100万円と松江LCからの20万円を合わせて120万円を豪雨災害義捐金として

平谷市長に手渡した。

 

「ふれあいまつり2018」出店 広島清和ライオンズクラブ

日 時 2018年10月28日(日)

場 所 コムズ安佐パーク駐車場

ふれあいまつり2018に出店し、子供対象に歯科衛生士さんによるフッ素塗布、歯磨き指導を行いました。60名の子供たちに参加していただきました。

また、会員による焼きそば販売も好評でした。

7月豪雨による神龍湖のごみ回収作業奉仕 神石帝釈峡ライオンズクラブ

ボートに乗っての作業ゴミの山

日時 10月20日

場所 帝釈峡神龍湖上

7月豪雨により神龍湖に莫大なごみが、浮いております。当クラブでは、水質改善を目標に、湖上の、ペットボトル、スチロール、空き瓶、空き缶、プラスチック、ビニールなどをボート6隻、親船1隻で、軽4トラック一杯分のゴミを集めました。ボートでゴミを回収するのは、とても危険な作業でしたが、事故もなく出来、環境保全の活動ができたと思っております。

家族例会≪香川県観光 栗林公園他≫[府中LC]

2018年10月23日日(火)今年度の家族例会は、香川県≪栗林公園・玉藻公園≫を巡る旅と題して
会員及び家族総勢34名が参加しました。少し雨模様のお天気でしたが、観光には差支えが無く、予定を終えることが出来ました。例会は、高松市内を一望できる紫雲山のホテルで行い、例会後は、お料理に舌鼓を打ち美肌の湯につかり、秋の一日を和気あいあいと親睦を深めることが出来ました。

尾道瑠璃ライオンズクラブ CN55周年記念例会

10月13日、尾道瑠璃ライオンズクラブはCN55周年記念例会を開催しました。

姉妹クラブの出雲LCと大村LCからは、遠方にもかかわらず、たくさんの方々がご出席くださいました。

尾道市長や長﨑ガバナーをはじめ、たいへんたくさんのお祝いと励ましを頂戴しました。

次なるCN60周年に向けて、尾道瑠璃ライオンズクラブらしい奉仕活動に励んで参ります。

尾道瑠璃ライオンズクラブ第1339回例会

尾道瑠璃ライオンズクラブ第1339回例会が開催され、ゲストに 尾道市立美術館学芸員の梅林信二さんをお迎えし、『旅する文人小林和作展』についてご講演いただきました、先日のCN55記念例会での会員表彰を改めて授与、愉快なテールツイスターの時間、ドネイションの発表、ローアは辻本さんでした、会員一同楽しい例会を過ごしました。

3R 1z 合同献血推進活動・会議

10/11 クレイトンベイホテルにて 11/26開催・1Z合同献血活動にむけて 会議、当日献血バス2台・150名  以上の採血をのぞむ

結果は後日ブログに記載(RC)

【府中中央LC:ライオンズ国際平和ポスター 府中市立旭小学校 表彰式】

10月23日(火)府中市立旭小学校の校長室に於いて、河田校長先生に感謝状、入賞者に賞状と記念品を会長より贈呈し表彰式を行いました。また、応募して頂いた生徒さん全員にバレーボール教室でお世話になっている岡山シーガルズのボールペンをお渡ししました。来年度もご協力宜しくお願い致します。

神石高原ライオンズクラブ

2018/10/21(日)神石高原ライオンズクラブは油木ふるさとまつりに、恒例の
              リサイクルバザーを行いました。この日は晴天に恵まれて客足も好調で、最初は売行きがカンバシク
              なかったのですが、時間が進むにつれて皆さんに協力していただき8割位の出品物が販売できました。
              リサイクルバザーですから、資金獲得に大いに貢献したとは言えませんが資金獲得の一助になったと
              思っております。ご協力いただいた皆さん有難うございました。

第868回広島フェニックスLC例会(クラブ幹事/竹友)

10/22の第868回例会のゲストビジターとして、サンフレッチェ広島の井上健三様、アンバサダー森崎浩司様、並びに広島もみじLCの下岡会長、栗川幹事がお越しになり、華やいだ例会になりました。広島サンフレッチェの残り4試合、ぜひ全勝、優勝を目指し、カープ、サンフレッチェのW優勝で、広島の街が赤と紫に染まることを願っています。広島もみじLCの皆様には、結成25周年を迎えられるとのこと、心よりお慶び申し上げます。

 

  

神石高原ライオンズクラブ

2017/10/17(日)神石高原ライオンズクラブは薬物乱用防止デーにちなみ、10月17日に油木高校、
神石高原中学校、三和中学校の登校時間帯に薬物乱用防止のチラシを配布しました。毎年恒例ですが
「薬物乱用はダメよ」とか「行ってらっしゃい」と声をかけるとニコッとして爽やかな笑顔で登校して行きました。
チラシを手渡す私達も「やって良かったな」と清々しい気持ちになった朝の行事でした。(大橋崇信)

ライオンズデー  4R2Z 広島佐東ライオンズクラブ

日時 10月12日(金) 7:30-

場所 広島市立城南中学校 および 広島市立城山北中学校 校門前 

毎年ライオンズデーに実施していたチラシ配布が 台風の接近にともなうことから

1週間延期し実施しました。

当クラブでは その2つの中学校の学区内の小学生6年生にも 配付しています。

遠いことだとは思わず身近にあることだということを認識し、ダメゼッタイ!をこころかげてほしいと思うばかりです。

1R2Z 福山シティ-LC(旧福山:沼南・グリ-ン・ニュ-センチュリ-LC)山南小学校にて薬物乱用防止教室を開催しました。

広島県福山市立山南小学校にて、6年生24名を対象に、薬物乱用防止教室を開催しました。我が福山シティーライオンズクラブの参加者は7名。
先生も友人が薬物を乱用して、自動車事故で亡くなったと言うことで、先生も生徒も真剣に授業を受けて、最後には6名の質問が有り、素晴らしい生徒達で、やり甲斐が有りました。
 
   大会参加・PR副委員長 徳永 明彦

ライオンズ奉仕デー 車いす散歩 :宮島口LC

 10月20日(土) 9:00~11:00 廿日市市宮浜温泉  今年も「特別養護老人ホーム 洗心園」へ、大野学園三年生 8名・教師 1名・Lメンバー8名で訪問した。挨拶の後 職員さんより「車いすの講習・体験」を受け、本番に臨みました。

 普段は外に出ることが余りない入所者の方ですが、素晴らしい秋晴れの中、「ひ孫さん位の年齢の生徒さん」と話しながら 又 美しい瀬戸内海を眺めながら、生徒さん、入所者の皆さんも楽しいひと時を過ごすことがでました。