小学生梅の実採り体験学習 4R2Z 広島佐東ライオンズクラブ

6月3日 4日 6日 と クラブ重要アクティビティの一環 小学生梅の実採り体験学習が行われました

クラブの拠点である 旧佐東地区の梅林の復活事業が当クラブの重要アクティビティです

35年前に植えた公園や河川敷に植えた梅の木の剪定・施肥・予防の梅の木の管理を安佐南区維持管理課の方と共に行っています

この地に通う児童の皆さんに 梅の実採りを通じて 地域の学習のきっかけにしてもらっています

梅の実は学校や自宅 に持ち帰り 梅ジュースや梅干しをつくり 学校で家庭でと 友達・家族との学びにお役に立っているようです。

地域の子どもたちの学習に役立つだけでなく 、 会員の子どもが 子どもが親になり孫が 近所や知り合いの子どもたちが 

梅の実採り体験に来てくれることも励みになり 会員の梅の実を落とす作業も苦ではありません。

クラブでも 梅酒をつけ、例会での食前酒、地域のお祭りに振舞酒、CNでの記念品などに利用しクラブ間会員間の絆を深めています。

5R2Zの時は ゾーン内の合同アクティビティとしてゾーン内のクラブのご家族にも体験してもらったこともあります。

今年は大きな実がたくさん取れたので 児童の皆さんにとても喜んでいただけました。

最重要アクティビティの中でも奉仕が目に見えるので 一番活気づくアクティビティです